« 経済人の終わり | トップページ

2014年4月27日 (日)

仕事に効く 教養としての 世界史

このブログは自分の学びのために書いています。

今回は「仕事に効く 教養としての 世界史」、著者は個人的に尊敬するライフネット生命の出口会長です。
 
Photo
 
私は中・高・大学と理系であった。
数学や理科という科目は、できも良かったし、学んでいて楽しさを感じる事ができた。
反面、社会や国語といった科目は、全く覚えも悪かったし、面白さを感じる事ができなかった。
だが、本書では歴史を学ぶ意義や楽しさを教えてくれる。
 
人間はいつも同じ失敗を繰り返している。
だから世界の歴史を学んで、失敗を繰り返さないようにしなさい。
先人に学んで、歴史を自分の武器とせよ。
 
これが歴史を学ぶ最も大きな意義である。
また、色々な国の歴史を知る事によって、コミュニケーションの敷居が下がる事も歴史を学ぶ意義である。
グローバル化の波が押し寄せる昨今、コミュニケーションをとりやすくできる事は、自分の中での大きな武器になる事は間違いない。
だれしもが自分の故郷を知ってくれている人には好感をもつだろう。
相手のルーツを知っておく意味でも歴史を学ぶ価値は大きい。
 
本書では、中国や西洋、アメリカやアジアの歴史を大きな流れの中で説明する。
更に、世界の大きな流れとしてのキリスト教や仏教といった宗教のルーツにも触れ、日本を取り巻く領土問題や、戦後訪れた高度成長の要因分析なども展開している。
そのどれもが私の学んできた世界史のイメージをガラッと変える、ダイナミックかつ人間臭さを感じられる内容であった。
 
筆者は他の著書において、「物事はタテヨコでみるべき」と主張している。
つまり、歴史的な流れ(時間軸)と、周辺の状況(空間軸)を総合してみるべき、という事だ。
世界史を学ぶ事は、まさにタテヨコ思考を加速できる事であるし、ニュースや新聞で報道される事の歴史的な背景や、その周辺で何が起こっているかを意識して見ると、その報道の見え方も変わってくるはずだ。
単なるノウハウではない骨太の知性としての世界史。
これを学び自らの武器としての教養を身につけたいと決意を新たにした読書であった。

|

« 経済人の終わり | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166152/55952161

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事に効く 教養としての 世界史:

« 経済人の終わり | トップページ