« 成功哲学 <誌上講座> | トップページ | ビジョナリーピープル »

2014年2月19日 (水)

スマイルズの名著 品性論

このブログは自分の学びのために書いています。

 
今回は「スマイルズの名著 品性論」です。
 
41kydekw4il_sl500_aa300_
 
世の中に実用書は溢れかえっており、即効性のあるテクニックが数多く紹介されている。
しかし、本書ではそのようなテクニックの前に、自分自身の品性と言うべき道徳や「心の在り方」の重要性を説き、どのように自分を磨きあげるか?という事を説明している。
140年以上も前に書かれた書籍であるが、現代でもそのまま使え私たちに知恵と勇気を与えてくれる書籍である。
 
まず、本書ではマインドや使命感について触れている。
心の持ち様は、人生をその様に導く。
人生は自分のまいた種でできあがる。
「意志の力」と「知恵」が無ければ人生は惰性である。
「使命感」が人生を動かす。
とにかく素晴らしい人生は自分次第だという事だ。
目的意識や自制心を養い、明るく朗らかに人格や誠実さを磨き、優柔不断と決別すること。
まず、そのように誓う事が重要なのだ。
 
そのために具体的にどうするか?
それは「仕事をすること」が一番なのである。
最も危険なのは暇な時間。
精を出し時間を有効に使うのだ。勉強して得た知識は他人に奪われる事はない。
一芸を極めたものは万能である。
天才たちは例外なく働き者である。
本書では、自分の仕事をしっかりと行うこと、実務家であることを重視する。
個人的にも、仕事に情熱を注ぐ事は、成長の最短距離であるのではないかと思う。
 
そして、自分の仕事以外の見識を高める事も自分の中の道徳を育てる方法だ。
読書(特に伝記)を読み、偉人たちの素晴らしいところを見習い、欠点を見て自分と大差ない事を感じる。
すぐれた書物と対話し、刺激をもらう。
自分の中に「座右の銘」というべきものを持つ人は間違いなく読書家である。
すぐれた本に学ぶ事、すぐれた人に学ぶ事は勉強の本質である。
七つの習慣で言う「刃を研ぐ」為に、自分の見識を高める事は成長には欠かせない事であるだろう。
 
本書では自分だけでなく、周りの人との関わりについても論じている。
「心配り」で人間関係を和やかにすることは仕事を成功に導く。
自分という宝石の原石を輝かせる為には、経験による鍛練と、手本となる様な人と接する事。
つまらぬ悪意とひねくれ根性。エゴにブレーキ、友情にアクセル。
過去の偉人達に偉大な生き方を学ぶ。
手本こそ全てであり、尊敬する人、憧れる存在を作る事が、最も大切であるという。
厳しい生き方や、正しい考え、情熱は手本となる人物から得られる事が多い。
現代にいる事が望ましいが、書物を通じて過去に学ぶ事も重要だと思う。
 
最後に再びマインドに戻る。
人生を輝かせる為に、信念と勇気を持つ事だ。
困難に立ち向かう事を決心し、そのために勇気をもつ。
自分の意見をまとめないのは卑怯者、できることをしないのは怠け者、意見が無いのは愚か者。
とにかく自分が価値のある人間になり、実力をつけること。
悲しみや災いは自分を向上する試練と考える。
人生という畑に、どんな考えや行動で種をまくか?
いまいる場所で本分をつくせているか?
道徳とは、自分がどのような考え方を持つか?に集約されるのではないだろうか?
素晴らしい考えやモラルを持つこと自体が、自分を高め成功につながる、という事を強く感じられる一冊であった。
本書のあらゆるところに、「自分もこうなりたい」と思える人生が溢れている。
日々の振り返りの中で、道徳という項目を追加して、自分の品性を高めていきたいと思う読書であった。

|

« 成功哲学 <誌上講座> | トップページ | ビジョナリーピープル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166152/55051184

この記事へのトラックバック一覧です: スマイルズの名著 品性論:

« 成功哲学 <誌上講座> | トップページ | ビジョナリーピープル »