« 2013年10月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月28日 (火)

論語とソロバン

このブログは自分の学びのために書いています。
 
今回は「論語とソロバン」、渋沢栄一をモチーフにした小説です。
 
まず、本書を選んだきっかけは、FBL大学を主催する遠藤さんのお勧め本であった事に加えて、渋沢栄一という人を私自身よく知らなかったという事から選びました。
 
明治維新の荒波に負けず、今の日本金融の基礎を作った人であり、第一国立銀行(現みずほ銀行)の設立を始め、500余りの企業を創立・育成した鬼才です。
 
6103ycaf6el_sl500_aa300_
 
幕末・明治維新の時代と言えば、藩閥というべき派閥で政治がおこなわれていた時代。
そんな情勢のなか、現状を変える改革を次々と成し遂げた渋沢栄一とはどういう人物であったのか?
 
もともと彼は農民の生まれであったが、そこは家庭事情から染物や布を売ったりと、商人的な農家であった。
5歳から読書や剣術を学び、青年期には倒幕を志す事になるが、紆余曲折の後、当時交流のあった一橋家に推挙され、最後の将軍となる慶喜に仕える事になる。
その後、慶喜の弟である昭武のパリ留学に同行し、資金繰りの才能を十二分に発揮。
海外の合資による公共事業に感銘を受け、日本でもそれを実現しようと奔走する事になる。
 
彼の生きざまの根源は「目の前にいる困っている人を何とかしたい」という思いであった。
具体的には、大政奉還により倒れた徳川家に、仕えていた武士たちの生活を助けたいという思いである。
 
その気概はすさまじく、西郷隆盛をして「一本芯の通った人」である。
西郷隆盛の持ってきた改革案もコテンパンにやりこめる、上司の提案を理詰めで跳ね返すような事も、しょっちゅうであったようだ。
本書では、その要因を彼の先見性にあったと論じる。
広く人の意見を求める事はもちろん、話の内容に右往左往するのではなく、「この人はどんな人で、きっとこんな事を考えるだろう」というその人の本質まで理解する。
西郷隆盛をやりこめたのも、きっと西郷の度量の深さを知っての事であろう。
 
そんな彼が終生主張していた事は「論語と算盤の重要性」である。
論語とは「人としての在り方」というべきものであり、算盤とは「経済力」である。
いわばビジネスとしてのスキルだけではなく、人間力ともいうべき力を両輪とするべき、という事だ。
 
「経済とは経世済民の略であり、民衆を助けられなければいけない」と彼は語っている。
倒幕に燃え、幕府に仕え、官僚になったのち、実業へ従事する、と様々な立場をとった彼だが、その中には並はずれた金融のスキルだけではなく、ほぼ暗記していたという論語から得られた人間力が芯となっていたのかもしれない。
仕事に対するスキルアップと共に、人間力の向上を図るべく、日々の行動へと落とし込んでいこうと感じる読書であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

自分の考えを「5分でまとめ」「3分で伝える」技術

このブログは自分の学びのために書いています。

今回は「自分の考えを5分でまとめ3分で伝える技術」です。
 
 
この書籍は「まとめる力」の重要性と「伝える技術」を紹介した書籍である。
人に何かを伝えたり、プレゼンをしようとする際に、もっとも重要な事は、話の骨子を作る事であり、その為に必要な能力が「まとめる力」である。
 
だが、日本人の多くは、相手の話をまとめたり、本や論文の要点を掴む事、また自分の考えや話をまとめる事が苦手である。
人の話を聞いたり、本を読んだりしても、「なんとなくわかった」という人が多く、自分の言葉で説明できない人があまりにも多い。
これはまさに日本人に「まとめる力」が欠けている事を示す証拠である。
本書では「まとめる力」を養うトレーニングや「ひな形」が紹介されていた。
 
まとめる力のトレーニングとして提案されていた事は以下の通り。
・説明する事(他人に説明する事は、何かをまとめる非常に良いトレーニングだ)
・読書の際も30分おきに5分程度、まとめる時間をとる
・急がずじっくり、「要するに」でまとめてみる
・他人の話を聞いて、何が一番言いたいのか?と考えてみる
・メモで書き出す事(書く事で単純化でき、まとめる事につながる)
・その日の日記を5W1Hで書いてみる(5W1Hは最もわかりやすい「ひな形」である)
 
まとめた事を相手に伝える際に有効な「ひな形」は、
「現状分析」 → 「問題提起」 → 「自分の意見」 → 「根拠」
というひな形だ。
 
例えば、
あのバケツにはヒビが入っている(現状分析)
水を入れたら漏れてしまい役に立たない(問題提起)
だからガムテープでヒビをふさいだ方がいいだろう(意見)
ガムテープなら安いし手間もかからない、失敗してもリスクはほとんどない(根拠)
と言った具合に話せば、非常に論理的だし、自分の考えも伝わりやすい。
まずは「ひな形」通りに話してみて、どこかに弱点があれば、そこを修正すれば良い。
 
その際に「なぜ?」を忘れない事も重要である。
現状分析に対して「なぜ?」を使う事で、問題提起につながるし、更に「なぜ?」と問いかけて、自分の意見を作りだせる。
更に自分の意見に対しても「なぜ?」と問いかける事で、根拠を探る事もできる。
もちろん、人の話を聞いている時も「なぜ?」と考えたり、質問する事で相手を理解する事につながるので、必要で重要な考え方である。
 
インターネット上に無数の情報が溢れる時代、それらをつなぎ合わせる「まとめる力」は、ますます重要になる。
多様な価値観の時代、分かりやすく落とし所を伝える能力がリーダーに必須の能力であろうが、伝える能力のためにも「まとめる力」が重要だ。
ひな形を意識して話す事、メモを使ったアウトプット(ブログ)、そして日々「なぜ?」と問いかける事。
日々の生活の中で、これらを実践し、まとめる力のトレーニングを続けて、論理的な思考やわかりやすい伝え方を身につけていこうと感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2014年2月 »