« 不動心 | トップページ | 自分の考えを「5分でまとめ」「3分で伝える」技術 »

2013年10月20日 (日)

新・伸びる人の条件

このブログは自分の学びの為に書いています。

今回は、「新・伸びる人の条件」です。

61pk4bhkbdl__aa300_

著者の安達元一さんは、ダウンタウンのガキの使いやあらへんで、スマップスマップ、笑っていいとも、など人気番組を次々と手掛けた凄腕プロデューサー。

彼が考える、これからの時代に伸びる人の条件を、5つの力にわけて説明する書籍です。

その力とは「仕事力」「人間力」「まとめ力」「コンテンツ力」「脳力」の5つである。

 

「仕事力」

これからの時代、組織に頼らず自ら価値を生み出せるようにならなければいけない。

著者はそのような力を、仕事力と定義している。

その能力を高める為に、

・できない理由より、できる方法を考える事

・その仕事をやる意味を理解する事

・自分の中のOKガイドラインを高くしておく事

が必要だ。

 

「人間力」

自分一人で何かを成し遂げられる人よりも、誰かと成果をあげられる人が求められるとし、人に信頼される力を、人間力と定義する。

人間力を高める為に必要な事を以下のようにあげている。

・自分を高くイメージし、自分がそうなる事を決める事

・他人と違う所を意識する事

・明るく、陽気に、人懐っこく、素直、付き合いが良よく、いつも笑顔でいる事

自分が誰かを信頼する、という事を考えれば、納得できる内容であろう。

 

「まとめ力」

会議や話し合いの場をまとめ、その場を回す力と説明する。

他人から多くの意見を引き出し、それをまとめ形にする能力が大切だ。

その力を伸ばす為に、

・他人の意見を否定しない事

・1つ上の次元を意識して、そこから俯瞰する事

が大切である。

 

「コンテンツ力」

アイデアや企画をする能力であり、著者の十八番ともいえる能力ではなかろうか?

アイデアを出す様々な方法を提唱してくれていた。

・受け取る人を想定してアイデアを出す事(子供でも見れる経済番組、とか、お爺ちゃん向けのアニメなど)

・他の成功事例からアイデアの概念をパクる(他事例の成功した要因だけを書き出し、それを一晩寝かす。頭からその事例が消えた頃に、その要因を見て考え始める。)

・しりとりアイデア(しりとりをして、その単語からアイデアを引っ張り出す)

・時代の空気を読む(8割の国民が8割気にしている事が基本)

とにかくアイデアは質より量を出す練習をするべきだそうだ。

それらをいくつかに絞ってブラッシュアップしていく。

その際には、企画内容を1行で説明できるようにしておく事も重要となる。

 

「脳力」

企画にしろ、仕事にしろ、脳のポテンシャルを最大限引き出せるようにしておくべきだ。

その為に

・制限時間を決めてから動く事

・全く違う事から発想する事(脳の中で普段刺激が入っていない部分を使う)

・スタート時のがっかりタイムを知っておく(脳の力は2次関数的に加速度をもって発揮されるので、スタート時は頭が働かなくて当然)

・ポストイットをたくさん貼る(多くの言葉や考えで頭を一杯にすると脳の力が目覚める)

という事を意識すると良い。

仕事をする以外にも、脳力を発揮する方法を知っておく事は、自分の力になるであろう。

 

最後に(最も著者が好きだと言う)とにかくジタバタする事だ。

頑張って苦しんでもがく事、それが自分を伸ばす最もシンプルな方法なのかもしれない。

インターネットが普及し、ものを知っている事や記憶力よりも、企画力や発想力という事の方が重要視されるであろう今後の時代、伸びる人になる為に大切な事を改めて考える機会となる読書であった。

|

« 不動心 | トップページ | 自分の考えを「5分でまとめ」「3分で伝える」技術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166152/53662699

この記事へのトラックバック一覧です: 新・伸びる人の条件:

« 不動心 | トップページ | 自分の考えを「5分でまとめ」「3分で伝える」技術 »