« 覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 | トップページ | 1分で大切なことを伝える技術 »

2013年9月21日 (土)

ビジネスマンの為の人物力養成講座

このブログは自分の学びの為に書いています。

今回はビジネスマンの為の人物力養成講座。

190960_01_1_2l

経営コンサルタント、小宮一慶さんの大人気シリーズです。

 

ブームで終わる人と後世まで語り継がれる人の違いは何処にあるのか?

本書ではそれを人物力と呼び、どんな能力かを説明し、身につける為の方法を提案する。

著者が考える人物力とは、次の12個の能力で説明されている。

1.細かい心配りができる 2.前向きに思考し、行動する 3.妥協をしない 4.何事も受け入れる 5.見栄をはらないが、ケチでは無い 6.軽くはないが偉そうでもない 7.決断力がある 8.動じない 9.驕らない 10.怖いけど優しい 11.自責の意識をもつ 12.自分を犠牲にしても他者のために生きられる

この様な能力を持つ人は、どんな行動をとるのか?

 

街中で見わける人物力は以下のようなものだ。

1.周りに不快感を与えず配慮する事ができる(SUICAを叩くようにしていたり、自分中心の行動をとらない)

2.ゆったりとしていて人を受け入れる(地位が高くても一緒にいたいと思える居心地)

3.自然体で、誰に対してもきちんと相手を立てる(人前で相手を叱らない、どんな立場の人でも意見を受け入れる、など相手の立場を考えて行動する)

4.ぶれない価値観をもっている(言動に一貫性があり、周りに流されない価値観を持つ)

5.誰とでも平等に付き合う(どんな地位にいても、上司・部下の違いによって態度を変えない)

6.いいわけ、不満、できないと言わない(まずやってみよう、という精神を持ち不平不満を言わない)

7.常に一歩踏み込み、学び続ける(気配り、心配りなど、いつでも相手の一歩先、深い所へ踏み込む。常に学びの姿勢を持っている)

8.お金、友人関係、話し方(金づかい、人付き合い、喋り方にはその人の品格が出る)

 

このような能力は心理的にみると以下の様な特徴があるという。

① プラスのストロークを与える(ポジティブなリアクションをしてくれる)

② 快適ゾーンが広い(不快感を持つ事が少なく、動じない性格)

③ 心理バリアが低い(人に対しての壁が低く付き合いやすい)

④ レッテルをはらない(初対面でも思い込みを持たずフラットに付き合う)

⑤ 他者との違いを知っている(違う事が当然と思っており、ナチュラルに人と付き合える)

 

その様な能力を身につけるには、どうしたらいいか?

本書では8つのステップを紹介している。

ステップ1 人物力とは何かを知る(まず知る事、その後に身につく、知らなければ身に付かない)

ステップ2 小さな行動を大切にする(どんな事でも行動する、という事にフォーカスする)

ステップ3 譲る訓練をする(人に何かを譲る事を実践する)

ステップ4 言った事を守る(どんな小さな事でも、発言した事を守る為にメモを取ったりする)

ステップ5 人物力のある人と付き合う(周りの人を見ればその人がわかる、自分の周りにも人物力を持った人をおいておく)

ステップ6 人を楽しませる(人物力のある人は一緒にいて楽しい。面白い事を言ったりやったりするだけでなく、プレゼントをしたり、楽しませるように努める事が大切)

ステップ7 素直になる(朝起きた時、今日は素直でいようと思う事。夜寝るときに、今日は素直でいれたか、と問う事)

ステップ8 正しい志をもつ(人はなりたい人になる。志は人生の羅針盤となる。日々や年間の目標を達成しつつ、将来的な志を作る事が大切)

 

人物力は仕事の能力の前に身につけておくべき能力である。

大胆だが細心な人物、一緒にいたいと思わせる楽しさと穏やかな雰囲気を持つ人物。

その様な能力を身につける事で、仕事力やお金もついてくる。

日々の行動の中で人物力を身につけていきたいと思う読書であった。

|

« 覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 | トップページ | 1分で大切なことを伝える技術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166152/53334453

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスマンの為の人物力養成講座:

« 覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 | トップページ | 1分で大切なことを伝える技術 »