« プチリッチな朝食 | トップページ | セミナー参加(石井直方教授) »

2010年2月 3日 (水)

読書感想文(接遇道)

来年度の仕事の準備が一段落したので、久々にブログをアップしている石井です。

今月の下旬から、また忙しくなるので、それまでにゆっくりしたいと思います。

   

さて、久々の読書感想文は「平林都さん」の「接遇道」です。

Photo

   

先日、「マーケティング」の勉強を薦めて下さった方が、師事している「伝説のマナー講師」平林都さんの著書です。

「彼女がマナー研修をした企業は、軒並み業績をアップしている」という事からも、彼女の凄さがわかります。

ですが、内容は本当に基本的な事に付け加えた事が多く、著書だけでは彼女の気迫や凄さが伝わらないかもしれません。

テレビの特集で拝見した彼女の研修風景は、怒鳴ったり罵ったり、非常に厳しいものでした。

しかし、それだけ本気で「マナー」というモノに向き合って、初めて顧客に感動を与えられるのかと感じました。

彼女の研修は…。

まず「型」を徹底的に叩き込む!

マニュアルが良いとか悪いとか、そんなことは関係なく、まず相手に不快な思いを与えない接客(接遇)を身につけます。

「笑顔も自然に」ではなく、「無理にでも笑え!」「とにかく歯を出せ!」など、初めはとにかく形を覚えます。

完璧な型の接客に、顧客の心が動き、それに自分の心が動く。

自分の心が動いた結果、接客に心が入ってくる。

彼女の研修風景を見て、そんな風に感じました。

  

接客業や仕事に対してだけではなく、自分の周りの全ての人に対して、気持ちよくなってもらう為の技術。

「接遇」という言葉には、そのような思いも込められているのだと感じました。

   

今日も最後までお読み頂きありがとうございましたclover

雪が解けて春が来るように、皆様にも素晴らしい日々が訪れますようにsun

感謝sign03

|

« プチリッチな朝食 | トップページ | セミナー参加(石井直方教授) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166152/33232727

この記事へのトラックバック一覧です: 読書感想文(接遇道):

« プチリッチな朝食 | トップページ | セミナー参加(石井直方教授) »