« 第2回 機能的トレーニング指導士セミナー | トップページ | 読書感想文(スピリチュアル・ヨーガ)中編 »

2009年8月22日 (土)

読書感想文(スピリチュアル・ヨーガ)前編

世界陸上が盛り上がりすぎて寝不足の石井です。

世界水泳の時もそうでしたが、スポーツ観戦好きの哀しいサガですね。(笑)

   

さて、今回は読書感想文。

スピリチュアル・ヨーガ~体の中から美しくなる7つの法則~です。

Photo

個人的にとても好きなヨガですが、それをスピリチュアルな観点から解説した書籍です。

今まで読んできた江原さんの本とも同じ様な内容があり、とても楽しみながら読む事ができました。

長いので3部構成です。

前半はヨガのスピリチュアルな考え方編、後半は法則や実践編です。

   

~スピリチュアル・ヨーガ~

ヨガは「柔軟性の向上」という目的で行う方が多いと思います。

「体の柔軟性を向上すること」は、それだけに留まらず、「心の柔軟性を向上すること」にもつながります。

「心の柔軟性を向上すること」とは、「自分の体をそのまま受け入れること」や「意識の幅を広げること」、更に「個々の無限の想像力や能力を認めること」を意味します。

意識は思考を、思考は行動を生むので、あらゆる変化は意識から生まれます。

「スピリチュアル・ヨーガ7つの法則」を実践するものは、人類と世界に癒しと変容をもたらす原動力となるのだそうです。

   

まず認識するべきは、生命や自己とは何か?という認識です。

物理的なレベル(自分の周りの環境、体、エネルギー)

精神的なレベル(心や知性、自分が自分だと認識しているモノ)

自己を引き起こすレベル(記憶や願望、魂の集合体、時間や空間を越えたモノ、宇宙)

人間関係や、仕事、肉体、モノへの執着、こうあらねばならないというコダワリや、固定観念…、これらと自分が結びついている限り、それらは苦悩や悲しみを引き起こす事を認識するべきでしょう。

真の自由と喜びを手にするために「本当の自分は身体という器に一生閉じ込められているわけではない」事を認識する必要があります。

  

ヴェーダ科学の奥義書「ウパニシャッド」には以下の記述があるそうです。

「人は自己の原動力となる深い願望そのものである。願望が意思を生み、意思が行動を生む。そしてその行動が運命をもたらす」

物理的なレベル、精神的なレベル、自己を引き起こすレベル、それぞれの願望を感じて意識するようにすれば、自己の本質にもっと近づきます。

そして、自己の認識を深くするために次の質問をなげかけます。

「どうしたら自分は役にたてるのか?」

自己の認識とともに、「自分は何を得られるのか?」、「どのような得を得られるか?」という思いから、「どうしたら自分は役にたてるのか?」という周囲への思いやりへと広がっていきます。

ヨガを行う目的は、自分という存在にある不変の側面を探ることにあります。

ヨガの真髄は自己認識を広げる事にあり、そうすることで周りの人への気遣いや、地域社会や世界への貢献につながるのです。

|

« 第2回 機能的トレーニング指導士セミナー | トップページ | 読書感想文(スピリチュアル・ヨーガ)中編 »

コメント

>クリームイエローさん
いつもコメントありがとうございます。
クリームイエローさんの方がヨーガについては詳しいので、こういった内容の記事はちょっと恐縮します。(笑)
ヨーガセラピーの資格も、心理療法に近い事をたくさん学べそうなので、スゴク勉強になりそうですよね。
お互い、肉体を返却する日まで、素晴らしい自分の魂を更に素晴らしいモノに高めていきましょうね!

投稿: 石井 | 2009年8月24日 (月) 04時30分

ヨーガネタに食いつきました(笑)
石井さんが書いてある通りです。私も今日朝4時起きで4年がかりの・・ヨーガセラピー資格取得セミナー参加してきました。
私達の肉体は借り物。いつかお返ししなくてはなりません。だから、肉体を大事に扱って、心を動かせば、肉体も健康(逆も同じですね)
見える体、見えない心だけど、いつも1つ!
宇宙の始まり、ビックバーンからはじまり、みんなupいつも1つなんですhappy01
愛、感謝、光、平和、調和の方にsun
ヨーガ情報ありがとうございますflair

namaste

投稿: クリームイエロー | 2009年8月23日 (日) 01時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166152/31040734

この記事へのトラックバック一覧です: 読書感想文(スピリチュアル・ヨーガ)前編:

« 第2回 機能的トレーニング指導士セミナー | トップページ | 読書感想文(スピリチュアル・ヨーガ)中編 »