« ホリスティックコンディショニングアカデミー3回目&4回目 | トップページ | 夏休みをとらせて頂きました »

2009年8月15日 (土)

読書感想文(潜在意識が答えを知っている)

明日から連休なので、髪を切ってサッパリした石井です。

久々にした実家でのうたた寝がものすごく気持ちよく、幸せな一日を過ごせました。

その分、ミーティングの時間を間違えて、焦って出勤しましたが…coldsweats02

    

さて、今日は読書感想文。

「潜在意識が答えを知っている」です。

Photo

自分の好きな「潜在意識」の側面から「成功法則」や「夢の実現」について書かれた本です。

特に「想像力(イマジネーション)」に焦点を当てて、その力強さや活用方法などを、具体例を豊富に紹介しながらまとめられていました。

ナポレオン・ボナパルトが「イマジネーションが世界を支配する」と語った事や、スターバックスコーヒーの元CEOハワード・シュルツがイタリアの街で捉えたイマジネーションの話、筆者自身の体験なども多く、楽しみながらサクサク読めました。

印象的だった部分を抜き出します。

   

○答えは必ずどこかに存在している

 科学者が問題に取り組む時、「その問題に答えがある」と思った瞬間に、50%位は解決している様なものだ。

 自分でも、ジグソーパズルをしている時も「かならずココに合うピースがある」と思って行うからパズルが完成するのであって、「合うピースは存在しないんじゃないか?」と思うと解けるモノも解けなくなってしまう、という経験をした事がある。

 熱烈に何かを望み、問題をあらゆる角度から真剣に考えれば、あなたのもつ「想像のメカニズム」が働きだし答えを模索する。

 誰にでもこの「メカニズム」が存在しており、リラックスして達成したい目標を思い描き、あとは「想像的な成功メカニズム」に任せればよいのだそうです。

   

○「あなた」は、ただ「あなた」であるにすぎない

 我々が「劣等感」を感じ挫折するのは、実際に「能力」や「実力」が劣っているからではなく、劣っていると感じるため。

 それは「自らの基準」では無く「誰かの基準」で自分を判断しているからで、そういった「劣等感」を感じると「優越感」を求める事に必死になってしまう。

 「あなたは劣ってはいない」し、「あなたは優れてもいない」、「あなたは、ただあなたであるにすぎない」。

 ありふれた人間など存在しないし、標準的・一般的なパターンなどありはしない。

 目標を立てる事も、人に「優越感」を抱くものや、自分の「劣等感」を反映したものではなく、自分の基準と個性を打ち出す事だけなのだ。

   

○目標設定の段階ですでに結果はきまっている

 自分がなりたいものや手に入れたいものを思い描き、熱烈にその思いに浸れば、ネガティブな考えは新しい考えや思いが振り払ってくれる。

 大抵の問題で失敗する事は「たいそうな事」では無いのに、その失敗を過大評価して恐れ、「解決できない」と考えてしまう。

 ある考えに対して「ネガティブな思い」がわき出たら次の様に自分自身と話してみよう。

 ・なぜ、私はできないと思っているのだろう?

 ・この思い込みは本当の事実に基づいているのか?それとも、仮定や間違った結論に基づいているのだろうか?

 ・その思い込みに合理的な理由があるのだろうか?

 ・間違ってそう思い込んではいないだろうか?

 ・同じような状況にいる他の人でも、自分は同じ結論を下すだろうか?

 ・そう信じるに足る理由がないのなら、なぜ自分はそれが真実であるかのように行動したり、感情を抱いたりしつづけるのだろうか?

   

○いまの人生を楽しむ

 幸せは心の習慣であり、心の態度である。

 ある問題を解決しても、人生には次々に問題が生じるので、完全に幸せになりたければ、「○○だから幸せ」というのではなく、理由など無いけれど「ただただ幸せ」でなければならない。

 「幸福は純粋に内的なものだ」という言葉もあるように、「自らの活動が生み出す思考や態度によってもたらされる」ので、幸福が降ってわくことなどあり得ないし、「自分自身で実践し確定」しなければいけない。

 そのためには自分自身で「選択」し、「注意」して気付き、それをどう思うかを「決定」することですべてが決まる。

 それを実践するために、まず普段何気なく行っている習慣を変えてみて、「私はよりよい方法で一日を始めている」と自分に言い聞かせ、更に次の事を意識的に決定する。

 ①できるだけ陽気にふるまう

 ②他人に対してもう少し親切にふるまう

 ③他人の欠点や失敗にたいしてもう少し寛容になり、できるだけ善意に解釈する

 ④可能な限り自分がなりたいタイプの人になっているかのように振る舞い、その人格としての行動や感情を繰り返し実践する

 ⑤自分の見解で事実をネガティブに脚色しないようにする

 ⑥一日3回は笑顔の練習をする

 ⑦何が起きても冷静に

 ⑧何をしても変えられないネガティブな事実は無視する

   

○自己受容

 多くの人は本人が考えているより素晴らしく賢く、強く、才能がある。

 自己イメージを創造する事は、新しく才能やパワーを生み出す事ではなく、自分に備わっているものを解き放って利用する事なのだ。

 自分の人格は変える事ができても、基本的な自己は変えられない。

 短所があっても、それであなた自身が「だめだ」ということにはならないし、ネガティブな要素は自分の属性でしかないし、誤りを犯しても「あなた自身が誤りだ」という事にはならない。

 自分と、自分の誤り、は同一ではない事を認識し、自分の弱さやネガティブさを受け入れること、自分の弱さを認める事が、理想の自己へ近づく第一歩になる。

 完璧でないからといって、自分を憎んではいけない。

 完璧な人はこの世にいないし、完璧なふりをしようとしても惨めになるだけだ。

   

○自分の反応は自分が決める

 日常のありふれた経験で傷つくのは、他人の言動によるものよりも、むしろ自分の態度や対応によるものが多い。

 自分の状況一つで、同じ出来事もフラストレーションになったり、何とも思わなかったり、受け取り方が変わる。

 気にすべきは、他人ではなく自分の反応であり、緊張している時ほど「怒り」や「不安」、「傷つきやすく」なったり「恨んだり」する。

 リラックスしているときには、ネガティブな感情を抱きようがないのだそうだ。

 「自分以外によって傷つく人はいない」し、「私を傷つけられるのは私だけ」なのだ。

 なるべくリラックスしストレスを開放する時間をつくり、「過去には寛大に、現在・未来には楽観的に」過ごす事。

   

○一個の生命力としての自分を受け入れる

 全ての人にとっての真の目標は「豊かさ」へ向かう事だ。

 「豊かさ」を味わわなければ人は幸せを味わうことはできない。

 「豊かさ」とは多くの事を成し遂げ、価値のある目標を達成し、人を愛し人に愛され、健康で楽しい日々を送り、自分自身と周りの人を幸せにする事だ。

 自分という「一個の生命力」は多くの表現手段を持ち、色々な形で姿を現すが、それが科学や宗教、心理学などどんな形態でも受け入れなければならない。

 もうひとつ、「他人から手助けや幸せや喜びが与えられたり」、逆に「そういったものを他人に与えたりするのを拒む事」は避ける。

 最後に、自分は価値のない人間だからと思ってしまう事で「生命力」の受け入れを制限する事を避ける。

 我々は神様から許しの感情と心の安寧と幸福を与えられているが、それらはすべて、「自分を受け入れる事によって発言される」のである。

      

「覚せい剤」や「麻薬」、「精神障害」などが取り立たされている昨今ですが、そんな現代人への処方箋ともなりえそうな書籍でした。

改めて潜在意識のパワーを感じ、「自分を受け入れ」、「他人を許し」、「それを実践できる」という事の偉大さを感じました。

仕事柄、たくさんの人達と触れ合いますが、そんな状況だからこそ本書と出会えたのではないかと思います。

素敵な書籍との出会いに感謝です。

    

長文で読みづらかったと思いますが、最後までお読み頂きありがとうございましたsun

皆様が「自分を認め」、「他人を許し」、「本当の意味での豊かさ」を手に入れる事ができますようにclover

感謝sign03

|

« ホリスティックコンディショニングアカデミー3回目&4回目 | トップページ | 夏休みをとらせて頂きました »

コメント

>ヒフさん
コメントありがとうございます。
髪の毛を切られたんですね。
髪を切るのは気分転換に良いです。
お気に入りの美容院で気を使わない担当の方と心地良い時間を過ごせる素敵な時間ですね。

凹んだ時は「何故凹んだかを考える」事から始めてはいかがでしょうか?
「そんな言い方しなくても良いのに…」→「なんでそんな言い方をしたんだろう?」に変えると相手の気持ちを考えるようになってきます。
「相手も何かイライラしていたのかもしれない」し、「心を許してくれているから、親しみを込めての言い方だったのかもしれない」です。

更に、「なんでそういう言い方をされると凹むのだろう?」なんて考えても良いかもしれません。
「自分は攻撃的な物言いが嫌なのかも」とか「否定された気分になるから」とか、自分の内面を見つめる事ができます。

極めつけは「この出来事は自分に何を教えてくれようとしているんだろう?」という質問です。
「起きている事は全て正しい」の発想法ですが、これを癖にすると、悪い事は無くなります。
「起きている事」は全て何らかの学びになり、自分にとって「全て正しい事」になってしまいますから。
きっと今回の出来事はヒフさんに「新しい見方や見解を与えてくれる出来事」だったのだと思いますよ。

ブログを楽しんで頂いてありがとうございます。
また気分転換にでもご覧くださいね。
ヒフさんの毎日が幸福に溢れた素晴らしいものでありますようにclover

投稿: 石井 | 2009年8月20日 (木) 05時24分

お久しぶりです。
元気ですか?私も髪切りました。ちなみにあれやこれやと注文する方ですけどsmile

皆さんはへこんだりしたらどう自分を対処しますか!?

こないだ仕事の件で確認したいことがあり、担当に聞いたところ、、、、「普通に考えれば分かるでしょ」とバッサリ!
確認の為に聞きたかったのに…despair
相手の方は怒って言ってる訳じゃないとおっしゃってましたが、、、typhoon
そんな言い方しなくてもいいのにといじけてしまいましたtyphoontyphoon

私がいけなかったんですかねぇ。
たまたま腹の虫が悪かったんですかね!?

人付き合いは簡単なものじゃないけど改めて実感した瞬間でしたdashdash

石井さんのブログの、ちょっと気に入った言葉heart02抜粋してメモしてるんですよ。普段眺める時があるんですhappy01

自分を思いださせてくれつとゆうか、なんか気分転換に見たりしてますよ〜cherry


それではscissors

投稿: ヒフ | 2009年8月19日 (水) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166152/30963025

この記事へのトラックバック一覧です: 読書感想文(潜在意識が答えを知っている):

» ゴールデンエッグスDS [ゴールデンエッグスDS]
ゴールデンエッグスDSの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ゴールデンエッグスDS」へ! [続きを読む]

受信: 2009年8月25日 (火) 13時22分

» やりたいと思うことをやっ... ジョセフ・マーフィー(米国の著述家) [名言集]
やりたいと思うことをやっている自分を複数想像してごらんなさい。心が明るく、建設的になり、いつかあなたは本当にその通りの人生が歩めるようになります。 [続きを読む]

受信: 2009年8月28日 (金) 16時38分

» やりたいと思うことをやっ... ジョセフ・マーフィー(米国の著述家) [名言集]
やりたいと思うことをやっている自分を複数想像してごらんなさい。心が明るく、建設的になり、いつかあなたは本当にその通りの人生が歩めるようになります。 [続きを読む]

受信: 2009年9月 4日 (金) 07時45分

« ホリスティックコンディショニングアカデミー3回目&4回目 | トップページ | 夏休みをとらせて頂きました »