« フィットネスビジネスの特集記事 | トップページ | 不甲斐なさと成長を感じて »

2009年6月 2日 (火)

フィットネスビジネス誌の続き

今日の読書場は駅前のマックだった石井です。

最近は夜が短くて、4時にはもう朝焼けが見られます。

この時間にアサヒのザ・マスターというビールとカライーカで晩酌をしていますが、もうすでに外は明るく朝酌というべきか?(笑)

   

さて、昨日書いた「フィットネスビジネス」を今日も読み進めました。

心に残った記事は2つです。(もちろんテクニックや業界の事など、もっとあるのですが、書きたかった事は2つ)

一つ目はキツイ記事。

 ・全国的にクラブ会員数減少は止まらず、経営的に厳しいクラブも増えてきています。が、会員数が減っても、カウンセリングを手抜きしても、毎月決まった日には給料が振り込まれる。きちんと取り組めば、結果が出るのに…不景気のせいにして努力から逃げている現場スタッフ。もっと本気で取り組んで頂きたい。

非常に痛い!厳しいご指摘でした。

やはり自分自身が経営者の感覚でいないと、なかなかこういう価値観から抜け出せないのだと思いました。

自分自身、「思いを行動に移して行かなければ…」「結果を出していかなければ…」と、今後の自分に鞭を入れる記事でした。

    

2つ目は表現について。

 ・「否定的な表現からは「負(マイナス)」しか生まれない」という記事

「ピンクの象は想像しないで下さい」と言われると、まずピンクの象を想像してから、意識の中で打ち消そうとします。

ですが潜在意識の中には間違いなく「ピンクの象をイメージすること」しか受け取れません。

お客様への「利用方法の説明」や「マナーのお願い」で「~しないで」とか「~はできません」など、否定的表現になっていませんか?

肯定的表現で設定すると潜在意識に入りやすく、課題・目標達成に近づきます。

表現を変える例を一つ。

「急がないと間に合わない」 → 「急げば間に合う」 の様な事です。

やはり、気持ちが良いし気分や雰囲気も良くなりませんか?

また、「あり得ない」「君はいつもそうだ」など、まるで人格全てを否定するような言葉からは、マイナスな感情しか生まれません。

このような否定語に影響されていると、心が疲弊してしまうのだそうです。

    

自分的にはこの記事、「大ヒット」でした!!

自分の強みである「ポジティブ」と、人とのつながりを重視する「包含」をガッチリ刺激されました!!

日々の言動、相手への気持ち、言葉がけ、毎日の生活で使える記事で、是非明日から意識してみようと思いました!

   

今日も最後まで読んで頂きありがとうございましたsun

皆さんの毎日もポジティブなパワーに溢れ、プラスの力をたくさん得られますようにclover

感謝sign03

|

« フィットネスビジネスの特集記事 | トップページ | 不甲斐なさと成長を感じて »

コメント

〉メーヤウさん
いつもコメントありがとうございます。
メーヤウさんもヨガお好きなんですね。
なかなか「サンスクリット」なんて知ってる方いませんよ。(笑)
ただそれに惹かれたのであれば、メーヤウさんにとって「ヨガ」や「サンスクリット」に関する事が、必要なのかもしれませんね。
「なんとなく」に従う事は(「軽率」と言われるかもしれませんが)、スゴく自分に正直で、素直な行動だと思います。
そういう感覚、是非大切にしてあげて下さいね。

こちらこそ、いつもコメントありがとうございます。

投稿: 石井 | 2009年6月 5日 (金) 16時31分

『ヨガ』ですか~。
サンスクリット語で「つなぐ」とかって意味でしたよね。カラダと心をつなぐヨガは内面をググっと見つめるのに良さそうconfident

サンスクリットと言う言葉に凄く神秘的なものを感じ、年頭にとあるお寺で胸の前で合掌してる仏像をたくさん見て今年は『ヨガ』を極める…!と実は目標掲げてたのです。仏様の説明もサンスクリット語がたくさんでピン!ときたのですが未だアクション起こさず仕舞いdownwardright
『ヨガ』はきちんと勉強をしたことはなく以前太陽礼拝や好きなポーズだけ家でやってました。

きっと心に凄くゆとりがあった時期です。

必要な時ほど人間てその必要なモノ(コト)の重要さがわからずアクセクして負のスパイラルを自ら取り巻いてしまう。
今の私は直球baseball渦のど真ん中かもです(笑)

石井さん、良いヒント頂いてありがとうございます。カビていないことを祈りつつ(笑)久々にヨガマット出してみます。

石井さんも職場で上司の方と勉強したことが少し話せたみたいで良かったですね。日々の努力が形になる瞬間。嬉しいですね。忙しい中いつもお返事に時間割いて頂き感謝してます。

投稿: メーヤウ | 2009年6月 4日 (木) 20時23分

>メーヤウさん
コメントありがとうございます。
今回もビールに反応して頂いて、恐縮です。(笑)
お仕事は不規則な時間帯になっています。
体調管理も会社からしつこく言われています。
スポーツクラブの社員をしているので、体を壊してしまうと仕事になりませんから。
   
メーヤウさんは文学作品がお好きなのですね。
自分の読んだことの無い作品ばかりです。
根っからの理系人間だからかもしれませんね。
文章より数式の方が得意でした。(笑)
  
頭の良し悪しは関係無いと思います。
自分も、頭が良いとは思った事が無いのですが、知的好奇心を持つ事が勉強をする第一歩だと思っていますので、決して頭が良い必要は無いと思っています。(頭を使い続ける必要はあると思っています)
  
自分自身を内観することは、自分の好きな「ヨガ」の目的でもあります。
「キレイなポーズをとれること」より、「自分を内観すること」なのだそうです。
そういった気付きを素直に受け入れられる事が素晴らしい事だと思います。
自分も日々精進です!

投稿: 石井 | 2009年6月 4日 (木) 04時18分

早朝の『ザ・マスター』はいかがでしたか。
こちらの今宵は菅野chanのサントリーの新商品『YUTAKA』です。
…このブログは酒飲み系beerではありませんね(笑)重々承知してます。

不規則なお仕事なんですよね?大変そうですね。たくさん勉強していてもカラダを壊してはそれを発揮される場を失ってしまうので気を付けて下さいね。

先日のお返事で『ノルウェーの森』が映画化とのこと。私は山崎豊子さんの『沈まぬ太陽』の映画化も嬉しくて。山崎豊子さんの社会派的な小説も好きなジャンル。一番好きなのは第二次世界対戦時の日系人の苦悩を描いた『二つの祖国』。物語の最後の舞台は戦勝国が負けた日本を裁いた東京裁判。学校では教えてくれなかった~(怒)なんて思いながら読んだ覚えが(笑)
注!:あくまで山崎さんのはフィクションです。

頭悪いのに実際起きた歴史や事件で興味あることは掘り下げて知りたくなります。


でもこのブログの石井さんのように自分自身を深く深く心の内側まで見つめることも大事なのだな…と感じてる今日この頃。

日々精進ですね。

投稿: メーヤウ | 2009年6月 4日 (木) 02時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166152/29905660

この記事へのトラックバック一覧です: フィットネスビジネス誌の続き:

« フィットネスビジネスの特集記事 | トップページ | 不甲斐なさと成長を感じて »