« 初!セミナー??? | トップページ | フィットネスビジネス誌の続き »

2009年6月 1日 (月)

フィットネスビジネスの特集記事

久々に近所のデニーズで、生ビール片手に食事をしていた石井です。

同僚との食事は心が安らぎますsun

  

さて、今月(もう先月ですね)は2カ月に一度の「フィットネスビジネス」の発売月でした。

フィットネスビジネスは、フィットネス業界唯一の専門誌、業界情報やらコラムが盛りだくさんの雑誌なのです。

盛りだくさんなだけに、本気で読むと一日がかりです。

今日は4時間程かけて、やっと特集記事を読み終えました。(まだ半分以上残っている!)

今月号の特集は「調整期のマネジメント」。

昨今の例に漏れず、フィットネス業界も入会者の減少と退会者の増加に歯止めがかからず、不振の一途を辿っています。

「そんな時に何をすべきか?」「何を考えるべきか?」を、業界の有識者に聞いたのが、今回の特集でした。

  

多くの方が様々な見解を述べていましたが、深く心に突き刺さったのは、「内部要因」についての記述でした。

「100年に一度の不況」とか言いますが、それよりも「自分たちが原因で、現状を招いているんじゃないか?」という事です。(いくつか挙げます)

  ・スタッフの魅力・実力の低下

  ・現場の主体性欠如(責任能力の欠如)

  ・変化対応への怠り

  ・コミュニケーションを作り出せない

  ・意識と知的レベルの低さや心の矮小さ

私自身の悩みや弱みをバッサバッサと切り裂いて頂きました。(笑)

また、

「フィットネスクラブはサービス産業の枠を越えて、一人のお客様の人生を変えるような産業にならなければ生き残れない」

とも書かれていました。

実は私がこの業界に入った時、新人研修をして頂いた方が、「例えばダイエット指導をして、お客さんが痩せたとしたら、その人の性格や生活は間違いなく変わると思う。この仕事は、指導を通じてお客さんの人生を変えられる素晴らしい仕事なんだよ」とおっしゃって下さいました。

この不況において、自分の仕事の原点を思い出させてくれる記事を目にできたことに、書ききれないくらいの感謝です!!

「そうだ!自分の仕事はお客さんの人生を良い方に変える為にしてるんだ!!」と、今更ながら気づきました。

そのために「日々努力!日々精進!していかねば!」と決意を新たにしました!!

ビックリマークの多い文章、我ながら興奮気味で書いてしまいました、すみません…sweat01

    

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

皆様の人生も良い方向に向きますようにclover

感謝sign03

|

« 初!セミナー??? | トップページ | フィットネスビジネス誌の続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166152/29889724

この記事へのトラックバック一覧です: フィットネスビジネスの特集記事:

« 初!セミナー??? | トップページ | フィットネスビジネス誌の続き »