« 心意気から出る笑顔 | トップページ | たましいを磨く8つの法則(1と2) »

2009年5月13日 (水)

相手を諦めず、理解して、認める事

18時出勤だった所、12時に行かなくちゃいけない用事があったのですが、昼間イオンに行く時に奇遇にもお話したい方と一緒に歩く時間ができましたhappy01

スゴク楽しいお話ができて、早出した甲斐があったなぁ、と思った石井ですnote

最近、「季刊パーソナルトレーナー」という雑誌を読んでいます。

業界を代表するパーソナルトレーナーの方々のトレーニング処方や考え方をまとめた雑誌で、様々な考え方に触れる事ができて、個人的にスゴク勉強になる雑誌です。

その中で「中野ジェームス修一」さんが、こんなことを語っていました。

心理学の基本的な考え方として「他人と過去は変えられない」、「変えられるのは自分と未来だけ」という言葉があるそうです。

「他人を変えることはできない」という所を出発点としてコミュニケーションを始めていくと、コミュニケーションのあり方は格段に違ってくるハズです。

まず目の前にいる相手の行動を認め、理解してあげる。

例えば、ダイエットしたい人が「何かを食べ過ぎてしまった」時も、「良くなかったですね~」や「食べないほうが良かったですね」ではなく、「いいんですよ。食事を完璧に制限することは大変ですからね。そんなものですよ。またやっていきましょうね。」と、サポートしてあげる事がトレーナーの役目だという事です。

やるかやらないか、ゼロかイチか、では考えず、「もともと続かない」という気長な姿勢でいる事が大事なのだそうです。

第一「生活習慣を変える事」、「習慣化したことを変える事」は過剰なストレスで、並大抵の事ではないのだから、やってみてサボって、またやってみて諦めて、の繰り返しだと言う事をトレーナーが理解してあげなければいけないそうです。

要するに「生活習慣を変える事」や「習慣を変える事」が自分でできるなら苦労はしないのです。

これって自分にも当てはまる事がたくさんあると思うんです。

自分の中にも「嫌だなぁ」とか「変えたいなぁ」とか思っている事ってたくさんあって、でもなかなか変えられない。

なのに、相手を目の前にすると「なんで変わらないんだ」とか「どうしてこうしてくれないのか」と嘆いたりする。

これって矛盾が生じていますよね。

自分の信念として「今のあなたで大丈夫ですから」というスタンス、「あなたを否定する事はありませんよ」という心構えをもっていると、本当にコミュニケーションが変わると思うのです。

今日、「月に一日ペースになってしまって、サボっちゃってるの」というお客様に対して、「運動を続けるのは大変ですからね。それでもまたチャレンジしようとしているのは素晴らしいですよ。まずご自分が気持ちいい、楽しいと思っていることだけを続けてみませんか?そうしてるうちに今のメニューをやってみよう、と思えれば良いと思いますよ」という話ができました。

その方が「そう言って頂けて嬉しいわ」と、目に涙を貯めて話をしてくれたのが、とても印象的でした。

先日のブログ「褒めて頂きました」でも書いたのですが、こういう瞬間に「この仕事をしていて良かったなぁ」、「こんなちっぽけな自分でも、人に喜びが与えられるんだなぁ」と、本当に嬉しくて感無量でしたweep

パーソナルトレーニングを担当するようになって、自分のスキルも心も豊かになっていくのを感じます。

臨床心理士とか、カウンセラーとか、人の話を聞いてあげる事を仕事にするのも楽しそうだな、なんて感じてしまいました。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

私は本当に、人の幸せを感じた時に、自分も幸せに感じます。

皆さんにも、たくさんの幸せ体験が訪れますように祈ってますclover

|

« 心意気から出る笑顔 | トップページ | たましいを磨く8つの法則(1と2) »

コメント

>エビスさん
コメントありがとうございます。
エビスさんもコミュニケーションを学ばれてるんですね。
身体の事もそうなのですが、学べば学ぶほど難しさが出てきませんか?
人の感じ方がそれぞれ違うから当然なのですが、自分もお客様に対しては、毎回毎回手探りでコミュニケーションを行っています。
実はコミュニケーションの極意と言われるモノも学んだ事があるのですが、なかなかそれを実践できず日々を過ごしています。
自分は小さな人間です。
エビスさんに「素晴らしい」と言ってもらえるのに、ふさわしい人間になりたいものです。
「似てる」と言って頂いて、ありがとうございます。

投稿: 石井 | 2009年5月14日 (木) 03時20分

石井さんは勉強熱心で頭が下がります。
素晴らしいですね!

私もコミュニケーションスキルを勉強しているのですが、ブログに書いてらっしゃる事は「まさにその通り!!」と思いました。
相手を認めてあげて、相手が本当に望んでいる事を引き出し、気付かせてあげる!
そうしてあげる事できっと継続につながるんだと思います。
身体が動くから、病気がないから「健康」だという事ではありませんよね。
心が元気でいられる事、また生き甲斐がある事で、健康に過ごせるのだと思います。
ぜひ、石井さんのお力でたくさんのお客様の生き甲斐のお手伝いをして差し上げて下さい!

人の幸せを感じる事がご自分の幸せと書いてらっしゃいますが、私もそうなんです!
なんか似てますね(笑)


投稿: エビス | 2009年5月14日 (木) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166152/29589457

この記事へのトラックバック一覧です: 相手を諦めず、理解して、認める事:

« 心意気から出る笑顔 | トップページ | たましいを磨く8つの法則(1と2) »