« 商売繁盛12の心得 | トップページ | 天才~成功する人々の法則~ »

2009年5月22日 (金)

本がどんどん読める本

最近ブログをガンガン書いてます石井です。

毎日、日が変わる頃に更新予定です。

   

読書感想文が続きますが、今回は「本がどんどん読める本」です。

Photo_2

徐々に読書量も増えてきて、「そろそろ速読系の本も読むべきかなぁ…」なんて思っていた時に、本屋さんで偶然目に飛び込んできて、即買い一気読みしました。(笑)

(速読本を読むより、単純に読みたい本を買えば、早く読めるんじゃ…)

   

この本の著者は「読字障害」を持っていた方だそうです。

喋れるし、数字も読めるのに、「活字の漢字が読めない」という障害です。

例えば、「7」は読めるけど「七」は詰まってしまう、「石井正人」と言えるけど漢字では読めない、といった具合です。

ハンデを持った著者だからこその内容で、とても感心できる事を多く学べました。

   

いくつかご紹介すると…、

   

 ・目次を見ながら「目的」を決め、その本から「得られる事を想像」し、それによる「報酬」を考える

 ・一度パラパラ読み(1ページ2~5秒位)をし、目的に合いそうなキーワードを覚え、「ここは読みたい」と思う所をメモする(何回か繰り返すと、本の概要が頭に入る)

 ・いくつかの質問を書きだし、その質問に、本から得られた情報(答え)を記録する

 ・指でなぞりながら読む(このほうが断然早いそうです)

 ・自分の意見を持ちたい時は「批判的に」本を読む(クリティカルリーディング)

 ・毎日少しでも(パラパラとでも)本に目を通す

   

「脳科学」に基づくアドバイスは、かなり参考になりました。

エッセンスは「繰り返し読むシステムを作る事」にありそうだと思いました。

ちなみに、著者はこんな事も書いています。

    

不調が続く時のアドバイス

 ○どんなときも「好調に向かっている」と前向きに考える 

 ○勉強でも趣味でもスポーツでも、得意な事をやって、自信を取り戻す

 ○「来年の今頃には、こんないいことがある」と想像する

 ○悩みを親しい人に相談する(話すだけで気分が晴れます)

 ○ふだん、あまり行かない所に行ったりして、気分転換をする

 ○十分な睡眠をとったり、おいしいものを食べたりして、体の疲れを癒す

 ○不調なモノから離れ、思い切り身体を動かす

    

「脱出できないスランプはありません」、「必ず事態は好転します」、「続けていけば、あるとき突如として、壁を突破できる時がきます」などなど…。

不調の時のアドバイスは、読書に限らず、仕事でも、日常生活における事、なんでもあてはまる内容で、とても力強い言葉達でした。

なんだか最近こういった内容の本と出会う事が多いみたいです。(笑)

   

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

皆様にも、幸せがどんどん舞い込みます様に…clover

感謝sun

|

« 商売繁盛12の心得 | トップページ | 天才~成功する人々の法則~ »

コメント

〉まめさん
コメントありがとう。
そー、読書量が増えて来ると、そうせざるを得ないよ。
逆に、早く本が読める、ってスゴく助かると思うんだ。
一応エッセンスは書いたつもりだけど、読みたかったら貸してあげるよ。
メールちょうだいね!

投稿: 石井 | 2009年5月23日 (土) 07時16分

これ、私も気になって立ち読みしました(買えよ!って感じですよね…笑)。

速読できたらイイですよね〜。

でも、なかなかなお値段するんですよね〜。なので、気になったままです…。

投稿: まめ | 2009年5月22日 (金) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166152/29701875

この記事へのトラックバック一覧です: 本がどんどん読める本:

« 商売繁盛12の心得 | トップページ | 天才~成功する人々の法則~ »