« たましいを磨く8つの法則(5と6) | トップページ | 自分の才能(さあ才能に目覚めよう) »

2009年5月18日 (月)

たましいを磨く8つの法則(7と8)

ブログを書きながら、ふと「下書き」ができる事に気付いた石井です。

この機能を使えば、記事の書き貯めができるんですね~。

「こりゃあ便利だ」と思い、さっそく書き貯めしています。(笑)

    

さて自分的な大作記事「たましいを磨く8つの法則」も最終回。

7.類魂(グループソウル)の法則
~私たちはそれぞれ類魂という魂の家族を持っている~

以前、法則の1.霊魂(スピリット)の法則で、「死んで肉体が無くなっても、たましいは永遠に生き続け、霊的世界に帰っていく」という考え方をご紹介しました。

この「霊的世界」におけるたましいは非物質的なもので、「自分」と「他人」との境目が無く、全体が「自分自身」という状態なのだそうです。

その中でも似通ったたましい同士が、仲間を作り、互いの成長を助けている「類魂」という関係を作っているとの事。

「守護霊」や「前世の魂」、「来世の魂」、現世においても「結婚相手」や「親、兄弟」、「初めて会ったのに妙に気が合う人」など、私たちは多くの仲間の代表として現世での修行を行っています。

現世で魂が磨かれ成長するというのは、ひいてはその類魂全体、そして霊的世界の全体を浄化させる事になります。

「情けは人の為ならず」という言葉がありますが、「情けをかける事は、その人の為にならない」という意味ではなく、「人の為に情けをかけてあげたことは、そのまま自分の為にもなる」ということ。

この法則でも同じ事が言えて、「他人を幸せにすること」と、「自分が幸せになること」は、全く同じ事であると言えるのだそうです。

これらの法則を全て総括するのが、最後の法則です。

     

8.幸福の法則
~全ての法則は私たちが真の幸福を手に入れることができるように働いている~

「霊魂の法則」「階層の法則」「波長の法則」「因果の法則」「守護の法則」「運命の法則」「類魂の法則」。

これら7つの法則はお互いが作用しあいながら、「私たちが本当の幸福を手に入れる事ができるように」働いている、という法則です。

ここでいう「幸福」とは、お金や名誉や美貌など、物質的な幸せではありません。

生きることの真理、人生のルールを知り、限られた人生を、たましいの成長の為に精一杯生き抜く事が、真の「幸福」となるのです。

苦難を含め、「全てが幸せになるために起きている」と受け止める心を持てる人が、本当の幸せな人なのです。

   

長々と書かせて頂きましたが、たましいを磨く8つの法則も以上で終了です。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

きっとこのブログを読んでいただいているあなたと私は「類魂(グループソウル)」なのだと思います。

私も、皆様も、必ず幸せになれると信じていますclover

皆様にたくさんの幸福が訪れ、 素晴らしい人生を歩めますようにsun

|

« たましいを磨く8つの法則(5と6) | トップページ | 自分の才能(さあ才能に目覚めよう) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166152/29647752

この記事へのトラックバック一覧です: たましいを磨く8つの法則(7と8):

« たましいを磨く8つの法則(5と6) | トップページ | 自分の才能(さあ才能に目覚めよう) »