« 読書感想文(ルーキーズ勝利学) | トップページ | 一日だけのGW »

2009年5月 6日 (水)

読書感想文(人間の絆)

昨夜、ドンキホーテでレッスン用の小ネタを買いこんで、今日のレッスンは若干やりすぎてしまった石井です。

もう若さで許される年齢じゃ無いのかしら…?(笑)

さて、先日の「ルーキーズ勝利学」と一緒に衝動買いしてしまった本です。

Photo 「人間の絆」

スピリチュアルの江原さんの本です。

少し前に、インストラクターの方から、江原さんの本を頂いたことがありました。

スピリチュアルカウンセリング(だったかな?)という本ですが、その本もすごく共感できる部分が多かったのですが、今回もスゴク素敵なモノの考え方を学ばせて頂きました。

スピリチュアル的な視点では、現世での出来事は「魂の学び」をする場です。

全ての魂は「あの世」とも表現される「魂の故郷」で、一体となって浄化する為に努力をしています。

現世では「自己」と「他者」、全く違う者として捉えられますが、「魂の故郷」では全てが一つなので、「自分が良ければ良い」とか「見返りを求める」というのは、「小我(エゴ)」によるものだそうです。

「小我」による行動は必ず自分にしっぺ返しが来るので、それを体験して少しずつ「見返りを求めない愛」である「大我」に目覚めていくことが、魂を更に磨き、浄化する事になるそうです。

「相手に見返りを求めない」事は本当に難しいです。

口では「あなたが良ければ…」とか、「自分は良いから…」とか言えますが、どこかで相手に期待をしてしまったりしてしまいます。

まだまだ「小我」な自分を感じることが多いですが、「起きていることは全て正しい!」の精神で、日々過ごして行きたいです。

ちょっと長かったですが、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

今週も皆さんにたくさんの幸せが舞い込みますように!!

|

« 読書感想文(ルーキーズ勝利学) | トップページ | 一日だけのGW »

コメント

>遥かさん
いつもコメントありがとうございます。
素敵なメモが頂けたのですね。
ああいう「精神世界」の本や講演は、一歩間違うとスゴク胡散臭い世界になってしまうので、「きめつけは良くない」と警告してもらえたことは、とても重要な事だと思います。
自分の判断で、フィーリングが合う事を身にしていけば良いのだと思います。
でも、、、、やりすぎレッスンは反省します。(笑)

投稿: 石井 | 2009年5月 8日 (金) 03時24分


江原さんの本book
遥かも頂いた事があります。
その本bookの中にメモmemoがあって、

『そうなんだぁって思っても色々な方向から考えてみて。こういう本bookは、決めつけや一方方向から見るのは良くないと思うので』

石井君が読書によって、あれこれ参考にしながらあれこれ考えて色々な物が得られますようにconfident

んでもってtyphoontyphoontyphoon

レッスンでの小ネタを買い込み、やりすぎだだなんて(笑)
石井君のレッスン受けたい病にかかっちゃってますpaper

投稿: 遥か | 2009年5月 6日 (水) 02時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166152/29458767

この記事へのトラックバック一覧です: 読書感想文(人間の絆):

« 読書感想文(ルーキーズ勝利学) | トップページ | 一日だけのGW »